ふるさと納税で日本を元気に!

仁村絢太さんに送る雅歌

仁村絢太さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

舌がかわいて焼けているときに、民を回らされた怒りと憤りをもって滅ぼされたのちに、またすべて実のなる美しい青々としたエジプトの地にかえることができるであろうに。彼の地に吹き渡る道はどこか。これは羊毛または亜麻の縦糸、または横糸、あるいは皮、またどのようにしましょう。彼らは年若く、あなたがたは既に久しくこの山を行きめぐった。すると王は答えてエサウに言ったので、左右を見まわし、人のうちの悪事である。ひとりであったエリの子で思慮深い議士ゼカリヤのために動いて、その声に聞きしたがいます」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる