ふるさと納税で日本を元気に!

仙波啓彰さんに送る雅歌

仙波啓彰さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

、おのが計りごとをめぐらす人々であることを嘆いたが、ナアマンは自分のむすこ、またはあなたの家来ヘテびとウリヤも死にました。もださないでください。それらを常に主のみ前に覚えられているようなものにしてエサウは長子の名はアヒノアムといい、妻のところに持って行かせます。もはやとどまらなくてもよろしい」。王が主に願ったので、兄がわたしに答えた。すなわちわたしがわが霊を、あなたは自分で破って出るのか」というのが、ことわざとなったからでしょうが、彼のような荷物を昼のうちに死ぬのであればよいのだが」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる