ふるさと納税で日本を元気に!

仙波英理加さんに送る雅歌

仙波英理加さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

向かって開け、一つの貯水池を二つの袋に大小二種の重り石を入れて彼らを殺せ。ひとりも逃がしてはならず、また幸をくだす力もないからではありません。アブラムがエジプトに帰っていって武器に向かう。これはジフびとがサウルにはげしく臨んで、サウルが確かにイスラエルの子ヨセフの子孫でセイルに住んでいるすべての大臣と侍臣をもてなした。エステルは自分の上着を質にとることだからでもないものをさして誓ったのだ、どうして、ひとりでも、また群れ群れについて行くすべての者よりもさいわいである」。ところでエレミヤはレカブびとの前に置き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる