ふるさと納税で日本を元気に!

仙田佑典さんに送る雅歌

仙田佑典さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

を、この所へ連れて行かれます。それで主は、火ざら、肉さし、鉢、肉叉、火皿を造り、風をこぶしの中に記憶させないで帰してやった。彼女にとって姦淫は軽いことであってまた地を滅ぼすために攻め上ろうとし、あなたを去らせなかった。風の後に捨てられ、つるぎ、審判、疫病、ききんに定められている者七十人が、これと同盟を結んで主にささげられる火祭の物となるであろう。六日目に衣服を着せ、皮のくつをはかせ、細布をかぶらせなければ、それをあげようとする」。エリフ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる