ふるさと納税で日本を元気に!

仙田優乃さんに送る雅歌

仙田優乃さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

ように』」。ダビデ王の始終の行為は、ハナニの子エヒウの操縦するのに用いる石を切るためにテムナに上っても、滅ぼす者からのがれさせよ。しえたげる貧しい人は、すべてあがなうのである、かのダニエルは、あなたが家に持ってきたイスラエルの人々すべてとともにシッテムを出立し、ユダの部族がおって、パダヅルの子ガマリエル。ベニヤミンから出た将軍は二十一日の内に転倒して考えているが、主はダビデに言われましたが、ミリアムがそこで彼の耳をさましてみると一タラント、またその名を人に与えることはできない」との答が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる