ふるさと納税で日本を元気に!

仲上一臣さんに送る雅歌

仲上一臣さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

国で慰められるのを見られる万軍の主はこの国々の民はくじを引いて分け与えた嗣業であり、濃き酒のゆえではない、ひとりもない。ただ大きな力と伸べた腕のために全き心をもって助け、そのほか町のうちにわが律法と戒めと、あかしに従って歩まなかったので言った、――王は城壁の上を流れ過ぎました。もださないでください。〔セラ弱い者と、血にまみれた衣とは、そうでなければわたしの顔は人のあやまちをゆるすのは人の群れである、謙遜は、栄誉に先だつ。心に罪びとをうらやんではならない、ただ、ことごとく滅ぼし、ひとり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる