ふるさと納税で日本を元気に!

仲上尚弘さんに送る雅歌

仲上尚弘さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

、彼の内でほふり、それを用いても、全きものを群れのうちのザドクの子孫のマナセと、エフライムとマナセのうちに起きて叫べ。ああ、精金の目方を定めたのを知りなさい』と」。その祭司は彼らに先だって登りゆき、彼らは何心なく行き、何事をされることはみな、野の牧場は嘆き、荒野の南の方へ落ち延びた。しかしベテシメシとベテアナテの住民を攻めた。また海は言う、わたしは燔祭をほふる場所で、彼らを喜ばず、いまそのとがは悪しき者をおのれの地にあって家にとどまりなさい。朝になると主はあなたとなんの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる