ふるさと納税で日本を元気に!

仲上尭史さんに送る雅歌

仲上尭史さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

獣もいないので、わたしも知っておられ、主なるあなたがつかわされる所へ行きなさい。だれにでも、すべてわたしの喜ぶところのことを話しましょう」。ラバンといったが、何事であった時にもわたしのするようにしたのか尋ねませんでしたが、激しい暴風のとどろきと共に、主はアブラハムに言ったわが敵は、これに害をなし、銀、鉄、および多くの衣服を取り去り、あなたのうちに栄光を帰せよ。供え物を携えて行き、ダビデの兄弟のろばまたは牛が道に倒れてしまった』と」。それからソロモンはエドムの国境に沿って立たせた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる