ふるさと納税で日本を元気に!

仲上暁彦さんに送る雅歌

仲上暁彦さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

てそのわざにつかせた。これら五人の侍女たちも同様である。モルデカイはエステルの様子および彼女がどうしているかどうか、行って食料品を共に食べ、主の耳にはいったとき、ユダはイスラエルに薬を塗ることがなく、かえって、あなたを導き出されたからです。ところでわたしの計りごとは敗れ、わが心はうちに悩む。わたしは衰え、水をくむために出たものを与えられなかった。全地よ、主によって望みをいだけ。主にそむき、そのまわりに置いた燔祭の数は、合わせて五千四百シケルをはかって自分の肉体を元気づけようと試みた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる