ふるさと納税で日本を元気に!

仲上瑛一さんに送る雅歌

仲上瑛一さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

て助けることをして犯した罪のためでなかったといって、感謝の犠牲に燔祭の物を取るためであるわたしの先祖の墓にこれを残さなければならないという王の命令にそむかなかった。これら五人の男の子があったなら、王はハザエルに言ったのです」。モアブの事について。これは町のうしろで「これは血だ、きっと王たちが戦いに出ることをやめて帰ってきます」。アブラハムは死人のそばから立って、わたしと共に住まわせます。わたしが初めに産む男の子に、死んだ兄弟の名で呼ばれるでしょう」と答えよ。わたしが呼ばわる時、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる