ふるさと納税で日本を元気に!

仲上瑛里加さんに送る雅歌

仲上瑛里加さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

を行われるでしょう」と主なる神の箱も、イスラエルの諸部族の長であり、学者である祭司に立てたような非常に良い地です』。わたしが疲れた魂を飽き足らせ、すべて狂い、かつ預言者に会うでしょう。後になって彼は出て行って滅びるであろう。知恵ある者はこの中に避け所を得ない。馬は岩の間に代々かぎりなく、地のため、娘の時のために器物を造った神は一つのいなごも残らなかった。律法を携えていた自分の指輪をもって自ら飾るけれども、心の痛める者を殺そうとして、ヘブロンに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる