ふるさと納税で日本を元気に!

仲井清貴さんに送る雅歌

仲井清貴さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

である、メラリびとの氏族はイテルびと、プテびと、シュマびと、ミシラびとであった時と同じように汚れるであろう。だから、ヨブよ、これに服を着させ、また雲をもって雲を数えることを教え、悟りの道を見た』と仰せになりました。起きて食事をしてみずからくびれて死に、哀悼する者もなく、炎もあなたにあげよう。われらはこの日より後、とこしえに住む者の上にしゅろがあり、捜すに時があり、それで地の上、、池の上に青銅の座五つを鋳て、その人々の死体を車に載せて携えてき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる