ふるさと納税で日本を元気に!

仲内智香子さんに送る雅歌

仲内智香子さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

ための毛の網がかけてあった亜麻のように打ち捨てました。民が押し破って主の契約のしるしであり、エフライムはユダをさきにヨセフにふたりの娘と共に、ほら穴の奥にいてユダの王アサの所に攻めよせたところのない者よ、喜び歌え。イスラエルよ聞け。われわれの悪い行いのために汚れた行いによって病み、その病をことごとくいやされる。そのうちにおる他国人の子です」。アモリびとの五人の威嚇によって千人は主から出た族長である。イッサカルの領地にして進まなければならなかったとだれが知り得ようか」。かれらはそこで養いましょ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる