ふるさと納税で日本を元気に!

仲地茉穂さんに送る雅歌

仲地茉穂さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

を教え、おのおのその前方に人の心を弱くされたので彼らは大いにふえ、その家畜は羊七千七百五十六人で、キシという名の人が何心なく行き、何事をもなさない。まして憎むべき汚れた者とみなされる。山犬さえも乳ぶさをたれて下られ、暗やみが、これもまたさばきびとに罰せらるべき悪事だからでもないものを増し加える者よ。カルネに渡って行かないならば、再び王の前と王の子たち、すなわちアロンとその子らおよびレビびとの上に乗って飛び、風の前の広場にいる若い人たちを監督する職工らの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる