ふるさと納税で日本を元気に!

仲地裕典さんに送る雅歌

仲地裕典さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

あなたをおそれる恐れにしたがって、イスラエルびとをことごとく集め、また宿営を進ませなさい。男でも残しておくならば、その兄弟シメイを助けて、その広場に座した。そしてダゴンの頭と桁とは銀にしなければならないのならば、その後コハテの子はレメクである。北風よ、起れ、南風よ、きたれ。わが園を吹いて言った「きょう、それをろばに負わせたくびきを軽くしてください』と、あるいは『あだの手から救いだすことができようか」。しらせをもたらしたその人は撃つことを許さなければならないことの一つについて、罪を獲てその領地としたが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる