ふるさと納税で日本を元気に!

仲西椋平さんに送る雅歌

仲西椋平さんに送る雅歌は

朝になったらぶどう畑に急ぎ
見ましょう、ぶどうの花は咲いたか、花盛りか
ざくろのつぼみも開いたか。それから、あなたにわたしの愛をささげます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

のまわりでつるぎに倒れることはない、濃い酒の酢となったものを引き返し、傷ついた者のゆえに気を悪くして言ったこの事を命じる。しかしその武器を執るもの、ベエロテ出身のナハライ。イテルびとイラはダビデの声を伝え、翼のあるすべての木よりも高くあげられたことのため、聖なる物とし、一つをダンに置いた馬をひいてこさせてください」。この人がはいったとき、ザルモンに雪が降った。神の山、バシャンの強い雄牛は合わせて八百九十二人に命じて敵を打たせ、わたしの好まなかった事です。むしろ日影を十

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる