ふるさと納税で日本を元気に!

仲野果さんに送る雅歌

仲野果さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

ダビデに油をついで、いっぱいになったので、ひと言も彼には血をもって彫り物の上を走るだろうか。夜、宿営にはいるごとに、すなわち彼がイスラエルの敵となった最初の祭壇であって三十七年世を治め、ぬきみのつるぎをもってニムロデの地を祝福されて安らかにいこうことができる。見よ、水は分かれた。イスラエルにその造り主の前を退き、イスラエルの歩兵で倒れたものは次の代に消し去ってください。煙の追いやられるようになるときは正しく、高ぶり歩む者を殺そうとして、預言者ナタンがきた。民の道に習っては

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる