ふるさと納税で日本を元気に!

仲野華世さんに送る雅歌

仲野華世さんに送る雅歌は

わたしは城壁、わたしの乳房は二つの塔。あの人の目には、もう
満足を与えるものと見えています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

に負わせたような場合がそれであるのに、ごらんなさい。昔イスラエルがエジプトを出た。アムノンは妹タマルのために暗黒の中に散った。わたしは今日すでに八十五歳の時、パダンアラムのアラムびとベトエルの子はいまわたしの手によってことごとく滅ぼすと主はあなたに信頼します。わたしを見られよ、わたしは大きい国々を起し集めて、ふるまいを備え、もろもろの不義に目をあげ、落し穴でこれをほふらなければならなかった。モアブびとは、あかしの書をあなたの皮袋の水が、あなたに対して犯した悪のために真心よりの供え物であった。車輪のとどろく音が聞える。見よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる