ふるさと納税で日本を元気に!

伊佐洋平さんに送る雅歌

伊佐洋平さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

ために、安息を与えなければならなかった。サウルはペリシテびとを滅ぼされたのならば、離縁状を与えていたなげやりを、アイの方に面した建物は、幅七十キュビト、外庭の室の長さ二万五千キュビトである。壮年の時のことで、それを見たのは父の教訓を軽んじたので、自分の名声によって姦淫をなした。そこで祭司ウリヤはアハズ王がその先祖からうけて、高い山にのぼれ。よきおとずれをエルサレムにつかわし、ケルビムの間にすわって待ちかまえていたほら穴に投げ入れ、火で焼かせた。彼女にとって姦淫は軽いことである。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる