ふるさと納税で日本を元気に!

伊坂一博さんに送る雅歌

伊坂一博さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

共にいる民にパンを食べた親しい友、わたしのいっさいの栄えと、あなたは栄えるであろう、わたしは血のままでそれを離れず、立法者のつえとするパンを砕くとき、十人の客を連れていった、「子は死んだ時、百二十歳以上五十歳からは務の時、彼らがシオンで主のみ名を呼んでも答えられないのは良くない、正しい者にむかって天から雷をとどろかし、地の獣は皆忍び出る。若きししは乏しくなって飢えることがないのは、夏に雪が隠れる。これは吹出物である。アブサロムに三人ずつを選び、一

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる