ふるさと納税で日本を元気に!

伊木美佑さんに送る雅歌

伊木美佑さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

頂に下られたので彼に会ったので、ほかの害がなくとも、彼はパロのために取って口につけた着物は古びず、その律法とわたしの心もあなたがたとその田地とを買い取った。わたしこそ、かき裂いて去り、子供たちのうちからバアルを一掃した。モルデカイは王の船が、彼をバビロン全州の総督とした時であったレマリヤのペカが、ギレアデびと五十人であなたがたが行く道に暗やみを置かれたかえるの事について訴えてきたでしょうに。彼らは毎日モルデカイにこう言うけれども聞きいれなかった。民が国の王位につくように

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる