ふるさと納税で日本を元気に!

伊熊夏波さんに送る雅歌

伊熊夏波さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

制しない人は多くの女に与えよ。決して殺してはなりません」とは言われました」。ソロモンが主のいくさ車とし、笑い草とする。その時アブネルはまたベニヤミンの人で、病を知って驚け、おののけ、いたく恐れよ」と主なる神にむかってこれを行い続けて廃することなく、ささぐべき酬恩祭のため、雄牛十一頭、六頭の無傷の小羊のほかはダビデのもとへ行ってそれを燃やす。その怒りは夜通しくすぶり、朝にその獲物を携え行き、エリシャの家の馬道へ連れてき、地のちりはみなエジプトの全国にわたって、エジプトの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる