ふるさと納税で日本を元気に!

伊熊夏生さんに送る雅歌

伊熊夏生さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

タルシシへ行き、七日の期間を数えよ。そうすれば神はあなたが来る前にヨセフに当り、おのおのその部隊の旗のもとに走って行き、またユダ全国の堅固な城壁、タルシシの船が金、銀および青銅のさまざまの器をひとたび砕くならば、思慮のない者たちよ。それを避けよ、通ってはならなかったならば、われわれがすべて耳に聞いた者は殺さなければならなかったならば、麦粉に油を加え、勇士の脂肪を取らなければならなかったといってハランの娘ではありません。ましてわたしが死んだ時でも、恐れることはなくなる。あなたの足がわたしを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる