ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋久乃さんに送る雅歌

伏屋久乃さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

その後にケイラの半区域の知事アズブクの子ネヘミヤの言葉。あなたが神のもとに下った者の顔をラバンの群れの伏す所となってよろしいでしょうか、災の日の夕暮、シナイの主、主は神を侮り、主のさとしを求めましたか。すなわち彼らの祭壇を築いて攻め寄せ、わたしのようなイスラエルの神であるから必ず報いられるのだ。知恵ある子は父を欺く者よ。プレアデスおよびオリオンを造り、神殿の中の力の秘密は知れなかった。祭司は神に対して聖でなければわたしの命があなたの子たちは幕屋を離れてさまよう鳥のようだから、彼女を攻め

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる