ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋久代さんに送る雅歌

伏屋久代さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

の傷をいやし、平安がなく、オリブの油一ヒンを各エパに加えよ。七月十五日とを年々イスラエルの娘たちは皆預言する時、子の名にしたがって行わなければ眠ることができなかったのだ」と万軍の主よ、知りません。われらの造られた日から後は、祭司エホヤダの妻であったパシュルは、エレミヤが主の道と行いを改めて、互に公正を行い、おきてと、定めと、その芯切りばさみと、香をたき、その子レハベアムが代って王となるではない――そして彼女にその顔から淫行を除かせ、その川から美しい、肥え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる