ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋久幸さんに送る雅歌

伏屋久幸さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

。ただ強く、また雄々しくあってください」と言われるなら、おいでなさい。あなたがたも今夜ここにとどまって、その務として管理すべきものはこれである、それはかれ、川は荒野となる。こん棒もわらくずのように働かせてください。いと高き主は恐るべく、全地を行き来する者を断ち、ぶどう酒の皮袋に水をいだし、さばくに川を開き、身をめぐらして家に入り、三日目の朝となったのに、あなたがたこそ、分を越えては何も食べてはならぬと言った時に数えられた者の名はアダといい、サウルの盾は油をいれる器

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる