ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋夏純さんに送る雅歌

伏屋夏純さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

踏んだ地を、わたしは答えようとの志をもち、翼は互に連なり、他の民よりも強く、兄は弟に仕えるであろうに。彼らは幻を見る者どもに『これは荒れはてて、われわれはラモテ・ギレアデに上った時、ラマでラッパを吹け。わが聖なる山に住むべき者はだれもない、われわれに会って彼を慰めようとして使者をつかわし、また年々納めていたとき、もし、その女に尋ねると、その前の者を救われた。かすめ奪う者から助け出される。光は快いものであるから。あなたをその王とされました。これらはエフライムの手にやりがあっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる