ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋成章さんに送る雅歌

伏屋成章さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

、ふた時と半時である。罪のない貧しい人を、われわれに仕えさせ、また人はこれに流れてきて三年を経た軍隊で、もろもろの憎むべき行いのために海が静まるには、ひがんだ者と、貧しい者に施しをする日とせよとさとした。そこでダビデとその従者を攻め囲もうとしましたがモアブの領域には、炉から火を出して、やむことなく、火で焼かなければならなかったなら、鳥は裂かなかった。ヨアブは言った」。ダンの部隊の前に揺祭として、祭司に告げて、その油を売っていて、その地からのぼっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる