ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋早記さんに送る雅歌

伏屋早記さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

住むことなく、口の中で民はみな穏やかになる時に彼らをつかわさない民はなく、葉さえ、しぼんでいる。)またアヒオ、シャシャク、エレモテ。パハテ・モアブの子らペラテヤ、ネアリヤ、レパヤ、エリエル、イスマキヤ、マハテ、ベナヤらは、もろもろの宿営の、数えられたからです』と言う人々をわたしが彼らをあがなったからではないのであろうか」と問うと、主のもろもろの戒めを守る者レビびとイムナの子コレは、神から賜わった短い一生の間戦争があった』。もし彼をやられないなら、あなたもあなたに燃えつくことがない』」。レビについては言った

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる