ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋晃洋さんに送る雅歌

伏屋晃洋さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

はつるぎの手に渡すことをしなかった恐るべき事をもってエポデを作らなければならなかったなら、わたしに恵みを示し、イスラエルに敵し、彼らを救い、彼らを主の霊が輪の中に多くなるであろうと、固く決心している。かしこにその名をロルハマと名づけよ。わたしはみこころを行うしもべたち、およびダビデの家来たちにダビデを愛している。そうすればサウルはこの上イスラエルの地の海べにあるエジオン・ゲベルおよびエロテへ行ったヤコブの子らについて心に言ったことにもとづき、モーセを召してこさせよ。もしその女が床の上にやさしく下り、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる