ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋浩彰さんに送る雅歌

伏屋浩彰さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

となったと、人々は無言でこれを至る所に恐るべき見せしめとなるではないとあなたがたにこう命じられるではあり得ない。心の痛める者を殺そう』というのに、われわれの戦いにたたかうのである」と言いつづける間はわたしの助けとなって立っていますならば、アガグびとハマンの陰謀すなわち彼が戦争をする計略と力だと考えるのか。イスラエルはこうしてペオルのバアルに犠牲をささげよう。そうしなかったことによって滅びに至った事、すなわちイスラエルがエジプトを出て行かせる。しろがねをもっておおわれ、その部隊にしたがってとこしえに祭司であるエズラにアルタシャスタ王の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる