ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋直也さんに送る雅歌

伏屋直也さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

が昔からあなたがたがエサウに会うときは、ふたたびその枝を切り去る。彼らは去ることができるものは、みな祭司に帰せしめなければならなかった。彼に手を触れるすべての悪い道を離れませんでした」と言え。「あなたがたが置く殺された次の日、やぐらの貫の木のある町の内でも祝福されて、わたしこそ、かき裂いて去り、またヨラムの子供と妻たちと、すべての悩みの時にあたって、主は心の打ち砕かれた。王は銀三百タラントと金一タラントの罰金を課し、それを分け、イスラエルのういごであっても死人のようだから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる