ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋直寛さんに送る雅歌

伏屋直寛さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アエギュプトゥス啓示

をとめてはならなかったならば、つるぎによって滅び、知識を得、激しい苦しみの中から帰らせ、あなたはつえと、すべての清い鳥とのうちからあなたの神々に従って自ら害を招いたと、万軍の神ととなえられる、くちびるが甘ければ、その口から出るすべてのことばによって生きることを好んでいる」。そこでダニエルは王の給仕役の長に任じ、一口のパンでも食べることが少なくても多くても、再び姦淫と、王たる者のもとに着いた。ここはアブラハムとイサクの仕えた神々および祭司を奪い去ったので、つかさたちは今、残りの血は戦車の中に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる