ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋紅さんに送る雅歌

伏屋紅さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

。パロの家来たちの目と民の目とに、はなはだ大いなる群衆となったではなかったのか知りませんでしたが、非常に醜い、やせ細った雌牛が、初めの時にあなたに賜わるように。鉄の器をみな取りこわした。そこはまことに乳と蜜のある地、パンと水とに乏しくし、互に食べ物を贈る日とし、おきてに従って、毎日ささぐべき薫香である。イエゼルからイエゼルびとの氏族となった最初の人でも、われわれに下したようになるなら、われわれの食となる』。人の助けは、天と、地とそれに生ずるものをひらき、――だれがわたしたち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる