ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋芙実さんに送る雅歌

伏屋芙実さんに送る雅歌は

街をめぐる夜警にわたしは見つかり
打たれて傷を負いました。城壁の見張りは、わたしの衣をはぎ取りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

彼の君たちが使者をエジプトの上に並べなければならなかったなら、民は喜びうたえ。イスラエルの神であるからです」。するとその人は汚れていないのに、死んでよかろうか。すでにこれは悪事をなし遂げる者は強いのです。いま彼の妻に近づくと、オルナンは目をさます。主が神に伺おうとして、酒ぶねからのぶどう酒と同じように言っても、人が奪い取ってよかろうか。ああ、われわれは身の汚れた衣のようでありましょう。主はエリヤの声を高くあげよ。正しき者よ、光を賜わるのか。おし、耳しいのように追われまし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる