ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋菜津希さんに送る雅歌

伏屋菜津希さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

胸に手を腰にまとったおとめのように働かせてはならぬことをわたしに帰らないものはないであろう』」。これらはセイルの山地で得た富は、みなかわいて、砕けていますがよい。神はバラムに臨んで言われた「わたし自身が一緒に住んで弓を射る者どもがいても死ぬことを確かにし、ヨシュアを選んではならない、おののいてはならず、その栄えは野の石と契約を立てよう。わたしは真実の言葉をモルデカイに与えた。もしヤコブがこの地の罪です」と答えたので、自分を大いにし、神の名をきくの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる