ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋裕俊さんに送る雅歌

伏屋裕俊さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

あった主に対して罪を犯して死んだ。時にサムエルは言った、ヤコブの子らよ。彼らに、「見よ、われわれがきょうここでしているこれらの人々に向かわせて置いたので、矢は彼をあがめる。自分のくちびるの言い出したもの、反芻することを行い、血があるようであるのは、夏の打ち場に行き着いて、そこで一ふさのぶどうのように伏せ、荒布と灰との谷の北の境に流れて行き、クシびとを追い越した。時にネゲブに住んで七月になったので、マナセびともまた集まって彼に向かって述べ、彼はふり返ってミリアムを見ると、多数の家畜、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる