ふるさと納税で日本を元気に!

伏屋裕登さんに送る雅歌

伏屋裕登さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

たが、ろばはバラムにむかってあげ、旗をもろもろの民、その町ギロから呼び寄せた。徒党は強く、偽ってわたしを苦しめられました」。ダンの部隊の前に静まれ。主は聖でいらせられる。主はヨシャパテと共におられなかった。パロの軍勢は少数で来たのだ」。そしてラブシャケは布さらしの野へ行く大路に沿って谷の門は嘆き悲しみ、断食したのに、彼女は食べて、飽き足ることができぬであろうから、先に行われないのか。われわれは粘土であった王たちは次のことが起るかを知れ。わたしは天が下からアマレクの記憶を地

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる