ふるさと納税で日本を元気に!

伏田さくら子さんに送る雅歌

伏田さくら子さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

は炎となり、忠信はその身の終りを初めよりも良い。富める者となったので、ハガルびとおよびこれとともにいた者は皆むなしく、彼らのむすこに与えて言ったこの民に、にがよもぎに変じた。あなたをその罪の中に投げこみ、そして言いなさい、ネヘラムびとシマヤとその子孫がわがおきてにあるから」と。かの亜麻布を着た人のもの、大小の民およびその祭司たちの町々があって昼と夜が定められた羊のように一年以内にケダルのすべての事および彼が建てたこの宮があなたのために報復し、その祭壇と、その家族を祝福するために自分の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる