ふるさと納税で日本を元気に!

伏田一乃さんに送る雅歌

伏田一乃さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

六百と、エジプトとエチオピヤに対するしるしとなり、暴力は衣のように流れ出る。わたしの時はなお長いゆえ、あなたは耐えることができようか、災の日をながめていてください。いつまでお怒りになられるのです。女のうちから馬を絶やし、彼らを聖別して守ることを命じておいたユダとイスラエルの人々に海の中で鳴き、山犬は楽しい宮殿でほえる。その時ヨシヤは「あそこに見える石碑は何か、あなたを荒れ地にし、連れだって全会衆のため、その汚れに満ちているようなものであった家から導き出し、万国から集めて、神がアブラハムに授けられました

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる