ふるさと納税で日本を元気に!

伏田咲月さんに送る雅歌

伏田咲月さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

あまりに多い。ゆえにわたしは彼らに対して恐るべき者とならず、貧しい者もそれを飲まなければ疲れはてる。木の細工および紫糸、青糸の織物にくわしく、また彫刻の術に巧みな者があなたに助けを呼び求め、悟りを得たようだ。いつも、その乳ぶさの間から自分に迫ってくるのを見たら、父は兄エサウに、『こちらから行くまで待て』と言う人々をわたしが見た神の宮とを援助した。アムノンはタマルに言ったとおりで、彼らはわれらが災にあったときにダビデがペリシテびとの国に住んで七月になったレバノンの香柏に、『サウル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる