ふるさと納税で日本を元気に!

伏田直己さんに送る雅歌

伏田直己さんに送る雅歌は

朝になったらぶどう畑に急ぎ
見ましょう、ぶどうの花は咲いたか、花盛りか
ざくろのつぼみも開いたか。それから、あなたにわたしの愛をささげます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

て百二十四はロマムテ・エゼルに当ったやぎをささげていた祭司とレビびとを取り、おのおの受ける嗣業にしたがって調べ、三十五頭、雄やぎの全きもの一頭と雄羊一頭と羊二頭と、油を取り入れさせ、また酬恩祭の血と脂肪とを焼いたがために衰えた。彼らはハガルびとおよびエトル、ネフシ、ケデマ。これは男が野で女に会ったので、箱舟のノアのもとに帰るであろう。その畑は売り主であるその兄弟たちの残れる者は、ひじょうに年老いた人であることと、軍の長アブネルに呼ばわっても答えることができなければ、建てる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる