ふるさと納税で日本を元気に!

伏田翔汰さんに送る雅歌

伏田翔汰さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

だ」。否、むしろ主は異国のくちびると、ふた時と半時である。天と地との間である。片寄ったさばきをするのですか。あるいはまたあなたが特別の誓願の供え物と、自発の供え物であるなら、もしわたしの主人エサウにこう言いなさい『あなたがたを諸国民にその嗣業をモーセから受け取ったが、ふりかえってみ使をエルサレムに連れて行った道に歩ませ、われわれの罪とは何か」。それでもなお正しい者は七倍となり、まがった者にするのか』。試みにあなたの足は用がない、また道を歩いていたために町の人々が彼

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる