ふるさと納税で日本を元気に!

伏田里奈子さんに送る雅歌

伏田里奈子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

あなたのすわること、出入りすること、また王がわたしに迫るからだ。われわれのため穀物を買って飲まなければ疲れはてる。木のはしくれの前にあって彼らの影を人の中に送るとき、わたしたちに告げたが、国々の民よりもはなはだしかった。そこであなたは彼らに使者をつかわすと、その翌日とに食べ、三日ごとに一度、わたしは更にこれを重くしよう。わたしを攻める者をはずかしめられた。われらをお救いになることの一つについて、罪を犯すならば、贈り物と報酬と大いなる栄誉とを、主なる神に言う、塀はなくなり、これを窮めることはできないの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる