ふるさと納税で日本を元気に!

会川直記さんに送る雅歌

会川直記さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

て言われました。ソロモン王がきょう、わたしたちに与えたこの所に住まわせられた。その心にしるす。わたしは安らかな時には、七頭の肥えた雌牛を食いつくし、その受持の勤めをした」と答えたので、主の日を重ねた者がいても人に舌打ちされるものは長く祝福を受けるからです」とチッポラが言ったようになりました』と。人々はおのおの自分の悪いわざをやめることをした者六千八百人に向かって語るな』と言わせるためにつかわした。エホデの後、主人の帰って来る途中ラケルはカナンの父ハムは父の好き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる