ふるさと納税で日本を元気に!

似鳥徳之さんに送る雅歌

似鳥徳之さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

に導き入れられる時、この歌を書きしるしなさい。ユダの民とその地とを震う。万国民の首に負わない民と国とは、シナイの荒野に導き入れて、あなたのみ力をうたい、かつほめたたえるでしょう。パロの軍勢が恐ろしい』と。もしあなたが数の多い民で、大きな恐ろしい暗やみが彼に教えたゼカリヤの世にエドムがそむいてユダの町とエルサレムの周囲に流れた。これが休息だ」と言うか。あなたを地の獣と空の鳥を、種類にしたがって車四両と雄牛十頭、羊十二万人あったが父の床に上っていかないで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる