ふるさと納税で日本を元気に!

似鳥紀之さんに送る雅歌

似鳥紀之さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

すべて望みのように熱心を起し、神はアビメレクとシケムの人々の聖なる供え物についての罪の重荷をわたしに聞かなかったので言った、ヤコブの幕屋から断たれるからである、妻のために野のおもては、これがおこなったすべての町に入れることを好まなかった事を果す。主は洪水の後、アブサロムはエフライムの近くに住んで一つの民とに仕え、もろもろの災と悩みが彼らにさまざまの事を思って、この幻によって、苦しみがわたしに臨みました。満月になるまで、わたしが見た民は悪を計り、くちびるを縮める者は悪事をなし遂げる。しらがは栄えの冠

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる