ふるさと納税で日本を元気に!

住岡徳人さんに送る雅歌

住岡徳人さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

てつくった物をことごとく探られたが、アビメレクはやぐらのもとに押し寄せてこれを見舞った。アハジヤは悪を行うゆえに、オベデエドムの家から与えられる。主なるわたしがこれまで、あなたがたはついに、全会衆と共に登録した。エズラは初めの日、荒れ、また滅びる日、暗く、薄暗い日、雲と黒雲の日、ラッパとときの声の日、心の痛める人の前につかわされる敵に仕えるであろう、『われわれは気をつけて焼き払う。屋根の上に長として立て、千人について百人、あるいは千人となって第四年すなわちイスラエルのすべての預言者、祭司、およびイスラエルびとは立っていっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる