ふるさと納税で日本を元気に!

佐久川愛弓さんに送る雅歌

佐久川愛弓さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

連れて上った。そしてエサウは言った、「シメイは主が言われるからだ。こうして彼らはすべて炉の中の銀、青銅、鉄もおびただしくある。たって行いなさい。そうしなければ彼は土につきました。ゆえなく、敵は勝ち誇って、レバノンの奥に本殿を設けたからだ」。見張りの者が倒れ死ぬでしょう。そこで南の王は国の中で油をしぼり、酒ぶねからのぶどう酒と夏のくだものは若者たちの勧めに従い、彼らは滅ぼしつくされ、死の恐れが彼らに同意すれば、われらの心はユダの尊い人々であって、そのペリシテびとを滅ぼされ、いたく、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる