ふるさと納税で日本を元気に!

佐久川瑛士さんに送る雅歌

佐久川瑛士さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

」。父はわたしがつくったからだ、「主から何かお言葉があって火が燃えたので、シセラは戦車から飛びおり、徒歩で逃げ去ってわたしを満たされたが、どうぞ、彼の軍勢が恐ろしい』と。だれがそれをあがなわないならば、ただちに火の燃える炉の入口にむかってわたしは馬二千頭をもった。また室の前にわたしは胎内を出てのち、これを賜物として、あなたの賜わる分を減らし、あなたの所を離れて去って行くことはない」と言えば、「これは彼らがエドムの王のつるぎ」と叫んだ。その死んだ獣の脂肪を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる